fc2ブログ

「日帝が朝鮮語を抹殺した」という反日史観を粉砕する朝鮮語辞典(朝鮮総督府発行/1920年3月30日初版発行)

 韓国に現存する朝鮮語辞典のうち、最古のものは1925年の辞書だという。

現存する最古の国語辞典発見(韓国速報 08/6/19)

 現存する最古の国語辞典が発見された。国立中央博物館は釜山のイ・ソンドン氏から「普通学校朝鮮語辞典」の寄贈を受け、検討した結果、国内で現存する最古の国語辞典であることを確認したと18日明らかにした。

 今回寄贈された国語辞典は、京城師範学校の沈宜麟(シム・ウィリン)が編纂したもので、1925年10月、以文堂から発刊された初版本だ。今まで知られた最も古い資料は1930年4月に発刊された沈宜麟「普通学校朝鮮語辞典」第3版で、2004年に確認されたことがある。

 今回発見された資料はそれより5年前に発刊された初版本という点で意義が大きい。初版本と第3版を比較検討した結果、1930年度発行の第3版は初版本を基本としながら、漢字付録だけを貼付したものと発表された。

 「普通学校朝鮮語辞典」初版本はこれまで寄贈者李氏の故郷安東の一族の霊廟に保管されていた。平壌崇仁商業学校と安東師範学校教授を歴任した祖先の蔵書の一つとして保管されてきた。


 因みに「普通学校朝鮮語辞典」の印刷人は谷岡印刷所の谷岡貞治という方である。

続きを読む

スポンサーサイト



1941年2月18日の朴春琴代議士の質問演説-創氏改名日本名強制説と慰安婦強制連行説が嘘である証拠

 創氏の届出期間(1940年2月11日から8月10日までの6ヶ月)の終了から約半年後の1941年2月18日、衆議院において、大日本帝国内における朝鮮人(もちろん当時は日本国民)の地位向上に尽力していた朝鮮人の朴春琴代議士が陸軍省軍務局長の武藤章少将に朝鮮人志願兵採用人数の大幅増加と在朝鮮師団の増設を要求した。この第一次史料によって記録された事実(史実)は創氏改名日本名強制説と慰安婦強制連行説が真っ赤な嘘である証拠の一つである。

続きを読む

プロフィール

龍井榮侍

Author:龍井榮侍
 東亜連盟戦史研究所は、主として大東亜戦争に関する国民の戦史知識水準の向上を目指して開設されました。

 弊研究所が確信する「正統戦史研究」とは、信用の置ける第一次史料を集め、史料に事実を語らせ、独自の史観を構成することです。だが第一次史料とて作成者の欺瞞、錯誤を含んでいるかも知れず、たとえ紛れもない真実を示していても、所詮それは膨大な歴史的事実のごく一部にすぎません。

 歴史の真実の探求は極めて困難であり、戦史研究において歴史学徒が最も留意すべき事項は、間違いが判明すれば直ちに修正することであり、最も禁忌すべき事項は、「自説保全による自己保身」に走ることです。よって弊研究所は、読者の皆様の建設的な礼節ある御意見、御批判、御叱正を歓迎します。
 
 所長の本拠地は森羅万象の歴史家ブログです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード